メニュー

PFC-FD™療法

長く続く膝関節の痛みに新しい関節治療を
-自分の血液から抽出した成長因子を関節に注射する膝関節治療-

PFC-FD™療法とは

PFC-FD™はPlatelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry
(血小板由来成長因子濃縮液を凍結乾燥保存したもの)という意味です。
このPFC-FD™療法は、再生医療のPRP療法を応用させた治療法で、自分の血液中の血小板に含まれる傷を治してくれる成長因子のみを取り出して凍結乾燥(フリーズドライ)します。これを注射で関節に注入し、本来備わっている自己治癒力を高めて、抗炎症作用や鎮痛作用の継続的な効果を期待し、痛みをとる治療です。

詳細はこちら

 

PRP療法との比較

再生医療の一種であるPRP療法は、自分の血液を採取し、傷を治す力をもつ血小板を濃縮したものを関節などに注射して怪我の治癒を促す治療です。
ゴルフのタイガー・ウッズ選手や野球の大谷翔平選手、田中将大選手が怪我の治療に活用したことで話題になりましたが、PFC-FD™療法はそのPRP療法を応用した技術で、野球の松坂大輔選手が利用した治療方法です。
このPFC-FD™はPRPに比べて成長因子が2倍含まれ、注射部位の痛みが少ないと言われています。

メリット

  • 自己血液を使用するオーダーメイド治療のため、副作用が少なく安全です。
  • 自己修復力を用いて行う療法なので、自然な形での修復が期待できます。
  • 関節腔内注射のため、入院や手術は必要ありません。
  • 注射による治療なので、ご高齢の方も受けることができます。
  • 何度でも受けることができます。

デメリット

  • 全ての方に治療効果が見込めるわけではなく、血小板やそれに含まれる成長因子の自己修復力に依存する療法なので、効果には個人差がでます。
    上手く修復が進まない場合があります。
  • 自己治癒力を活性化するため、注射後数日は、採血部や注射部に痛みや炎症(熱感、赤み、腫れ、皮下出血など)を伴うことがありますが、自然に消失します。
  • 非常に低い確率で、注射時の細菌混入による関節内の感染、敗血症、アレルギー反応、関節内出血、血栓などが生じる可能性があります。
  • 新しい治療ということもあり、今後新たなリスクが発見される可能性も考えられます。

このような方にお勧めです

  • 変形性膝関節症の痛みがある
  • ヒアルロン酸注射を長く受けている
  • 膝の痛みが長引いている
  • できるだけ手術での治療は避けたい

PFC-FD™療法の適応外の方

  • がんの治療中または既往歴がある
  • 感染症にかかっている
  • 重度の腎臓障害がある
  • 重度の心臓・循環器疾患がある
  • 貧血症状がある
  • 血小板機能不全、重大な血小板減少症
  • 抗凝固剤などを服用中
  • リスクを受け入れたくない
  • 医師の判断で不適切と考えられる

PFC-FD療法の治療の流れ

①受診の予約

電話または受付で診察日時をご予約下さい。
電話番号 03(3290)1152

②診察(STEP-1)

関節の痛みや違和感の程度、これまでに行ってきた治療についてお伺いします。
また診察、画像検査を行い、総合的に、PFC-FD™療法が適応かどうか判断致します。

③採血(STEP-2)

自己血液約50ml採血し、厚生労働省の認可を受けているセルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設)に搬送し、センターで血液をチェック後にフリーズドライ化しPFC-FD™に加工します。
加工には約3週間かかります。

④治療(注射)(STEP-3)

加工したPFC-FD™を関節に注入します。所要時間は5~10分程度です。
注射後約2週間目に診察を行います。

注射後の注意点

  • 注射当日は運動やマッサージ・入浴・飲酒・喫煙はお控えください。
    血行が促進されますと痛みを強く感じることがあります。
  • 注射後3~4日後は腫れたり・赤くなったり・痛みを感じたり・かゆみを感じる事がありますが、その後自然に消失していきますのでご安心ください。
  • 痛みを感じている間、安静にし過ぎると、治療部位が硬くなり長期的な痛みの元になる恐れがあります。治療後は可能な限り継続的なリハビリテーションを行って下さい。
  • 注入後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒など)を行うことで治療に伴う痛みが強くなることがありますが、治療効果に差はありません。
  • 関節は細菌に弱いので、注入部は清潔に保つように心がけてください。

費用

自由診療のために保険は適用されませんので、保険診療は一旦終了して頂きます。
全額自己負担となり、下記の治療費をお支払い頂きます。

総額 198,000円(税込)

 内訳

  • 初回診察、画像検査、説明  5,500円(税込)
  • 治療費(血液検査料を含む)192,500円(税込)

※初回診察後、PFC-FD™療法を希望された場合、採血前に一括の前払い(198,000円(税込))をお願いしております。
※治療を希望されなかった場合は、初回診察料5,500円(税込)のみのお支払いになります。
※血液検査を行い、感染症(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)検査で陽性反応が出た方は、PFC-FD™療法を受けることができません。
この場合、血液検査費用(16,500円(税込))のみご負担頂き、176,000円(税込)は返金致します。予めご了承ください。
※患者様のご都合で来院なさらなかった場合の返金は出来かねますので、ご了承ください。
※注射後約2週間目の診察料は治療費に含まれます。
※術後のリハビリテーションの費用は含まれていません。
その後通常の治療を希望される場合は、健康保険での治療が可能です。
 
※PFC-FD™は、セルソース株式会社の提供する商標です。

よくあるご質問

①どのような症状にPFC-FD™療法が有効ですか?

変形性膝関節症でヒアルロン酸や内服薬、リハビリテーションでも膝の痛みが長引いているが、人工関節の手術は避けたいという方に期待できます。

 ②摩耗した軟骨はPFC-FD™療法で再生しますか?

現時点では、PFC-FD™療法により、しっかりとした軟骨の再生は確認されていませんが、膝が元に戻ることよりも痛みが改善するという効果が期待できます。

③高齢者でも治療を受けられますか?

注射による治療ですので、高齢者の方でも受けることが可能です。関節の状態によっては、年齢に関わらず手術が適していることもありますので、医師にご相談ください。

④安全性はどうですか?

自分の血液を採取後、清潔な状態で専門のセルソース再生医療センターでPFC-FD™に加工しますので、安全であると期待できます。

⑤副作用はありますか?

自分の血小板から抽出した成分を注入するため、免疫反応などの副作用はありません。一時的に注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れ、熱感、皮下出血など)が起こる可能性がありますが、1週間程度でよくなるのが普通です。 

⑥治療にはどの位時間がかかりますか?

注射は約5分程度です。

⑦いつから運動ができますか?

注射当日の運動やマッサージなどはお控えください。腫れや痛みがなければ翌日からの運動は可能です。

⑧効果が出るまでどれくらいかかりますか?

即効性はありませんが、1週間~6か月程度で組織の修復が起こりますので、それから炎症が収まり痛みが軽減する効果が認められることが多いです。
なお、治療効果や持続期間には個人差があります。

⑨変形が強くても効果がありますか?

人工関節を強く勧められる変形の強い方は軽い方に比べて効果がでにくいですが、他の治療に比べて変形の強い方でもPFC-FD™の効果は出やすいという情報もあります。 

⑩入院や手術の必要はありますか?

必要ありません。外来通院で行う治療です。

⑪健康保険の適応になりますか?

現時点では自由診療となるため適応とはなりません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME